台風10号の影響による荷物のお届けについて

HAPPYな未来への種をまこう

PEAceNUTS Cafeとは

広島県呉市で愛されて7年の『ユニオンスクエアカフェ』。コロナ禍で、カフェのほうはまだお休みをいただいていますが、中身は大きく生まれ変わって、いよいよ活動開始です。その名も『PEAceNUTS CAFÉ(ピースナッツカフェ)』。こんな時代だからこそ、みんながピースな日々を送れるよう、願いを込めて名付けました。広島の東に広がる高原・世羅で大切に育てた落花生PEAceNUTS(ピースナッツ)で作るお菓子や、朝、世羅の畑から運んでくる、とれたて新鮮野菜で作るピザやスープを全国にお届けします。 一口食べれば、爽やかな世羅の風が吹き抜けるみたい。肩の力がふっと抜けて、気持ちが 和みますよ。 *無添加、無着色、保存料も無添加。お子さんも安心して召し上がっていただけます。

『PEAceNUTS CAFÉ(ピースナッツカフェ)』は、ただのカフェではありません。世羅で心を込めて落花生と野菜を育てる『ReSEED(リシード)農園』農園長の大きな夢の活動拠点でもあります。このReSEED農園を基盤としたプロジェクトは、先の読めない混沌とした今の時代にあっても、子どもたちが夢と希望を持って自分らしく生きられるよう、明るい未来を送り届ける取り組みです。

ReSEEDについてさらに詳しく知る


農園長 森澤 祐佳

未来への種まき「ReSEEDプロジェクト」について

広島県呉市から車で1時間余り。標高400メートルの寒暖差の激しい世羅町に、『ReSEED農園』はあります。農園長の私、森澤祐佳は、人が好き、子どもが好き、英語が好きで、小学校の教員に。初めての赴任地が、ここ世羅西でした。子どもたちと夢中で過ごす日々の中、少しずつ見えてきたことがありました。緑豊かな田園地帯で農家が多いにもかかわらず、子どもたちに農家を継がそうという親がほとんどいないのです。子どもたちはずっと世羅に住んでいたい。でも、魅力的な産業がないから、仕方なく教え子たちは都会に出ていく。少子高齢化によって放棄されたままになる農地……。そんな実状を目の当たりにし、自分に何ができるのか一生懸命考えました。そして、初任4年で異動しなくてはならなくなったとき、「今しかない」と農業に飛び込みます。それも、従来の農業ではない。発展的な農業、子どもたちが大人になったときに世羅に帰って参加できる企業としての未来農業を目指しました。野菜を作るだけではなく、それを生かす商品を作り、販売した り、新規就農を支援したり、やりたいこと山ほどあります。もちろん、豊かな田園風景を 守りたい。そこで、20年後、30年後の未来を見据えて、「ReSEEDプロジェクト」の3つの種まきを始めました。

ひとつめの種まき:PEAceNUTS(ピースナッツ)

従来の3K「キツい、汚い、稼げない」といわれる農業ではなく、新しい3K「かっこいい、革新的、稼げる」農業での安定した雇用を目指し、広島の新名物をつくるべく、世羅産落花生「PEAceNUTS(ピースナッツ)」の種をまき始めました。

ふたつめの種まき:SEEDers(シーダーズ)

若い世代がリモートワーカーとして世羅町にもどって働けるよう、デジタル+農業の健 康的なライフスタイルを可能にする、シェアオフィスというインフラ設備の種まき。

みっつめの種まき:ReSEED LAB(リシード・ラボ)

世羅のこどもたちが、この変革の時代を自分らしく豊かに生きていけるよう、世界最先端の教育を受けられるオンラインラーニングを軸とした放課後スクールでの教育という種まきです。

 

今はまだ、ひとつめの種まきの最中ですが、同じ志を持つ仲間たちと、都会にはない自然の豊かさを守り、互いを高め合いながら、一歩ずつ前に進んでいきたいと思っています。教員時代、最後に書いた学級通信『たね』。子どもたちへの思いをのせて、大切に育む3つのたねが、優しく強い芽を出し、凜と輝く花が咲きますように。

農園長 森澤 祐佳

 

 

Sunday,Monday,Tuesday,Wednesday,Thursday,Friday,Saturday
January,February,March,April,May,June,July,August,September,October,November,December
Not enough items available. Only [max] left.
お買い物かご

カートは空です。

Return To Shop

補足 補足を編集する
送料の見積もり
クーポンを追加する

送料の見積もり

クーポンを追加する

クーポンコードは購入ページで機能します。